転職は働きながらできる?辞めてから?転職を成功させるポイントも紹介

「今後のキャリアを考えると転職しておきたい」、「給料に不満があるので給料のいいところに行きたい」と考える方もいるはずです。

この時、働きながら転職する人も少なくなく、腰を据えて転職活動をすべきかどうか悩む人も多いのではないでしょうか。

結論から言いますと、働きながらの場合・辞めてからの場合、それぞれにメリットやデメリットがあります

本記事では働きながらの活動・辞めてからの活動それぞれのメリット・デメリットなどを中心に解説していきます。

本題に入る前に…

退職サポーターズでは、退職者の方々に向けた様々なサービスを提供しています。

今なら実際に失業保険がいくら受給できるのか、LINEで無料診断ができます!

  • 信頼の実績(過去の相談件数は累計で5000件以上)
  • 難しい手続き不要(専門の社会保険労務士、キャリアコンサルタントがサポート)
  • 最短1ヶ月で受給可能!
  • 最大200万円の受給ケースあり!

失業保険全般の相談も受け付けています

転職活動は働きながらするべき?辞めてからでもいい?

社会人の転職活動は働きながらする人が多い傾向にあります。

長期戦になる可能性もあるためで、在職中にコツコツと転職活動を行い、決まってから辞める方が効率的だからです。

一方で、転職先が決まらない段階で辞めてしまい、その後転職活動を始める方もいます。

どちらにも一長一短があり、それぞれのメリット・デメリットを踏まえて行動を起こすことが求められます。

働きながら転職活動をするメリット

働きながら転職活動するメリットは主に3つ存在します。

  • 経済的に安定感を持ちながら活動できる
  • 空白期間を作らず転職できる
  • 現職を続けるという選択肢も残せる

ここからは働きながら転職活動をするメリットについてご紹介します。

経済的に安定感を持ちながら活動できる

働きながら転職活動をする状態は、経済的には安定しており、焦る必要がありません。

貯金を切り崩しながら転職活動をしていると、決まらないことでの焦りが生じやすく、妥協が生まれやすくなります。

転職活動について妥協することはマイナスでしかなく、転職活動への後悔につながるでしょう。

転職活動で後悔しないためには、経済的な不安がない状態で焦らずに行っていくことが求められます。

空白期間を作らず転職できる

仮に退職して転職活動を始めた場合、その転職活動期間中は空白期間になります。

業種・職種によっては数か月の空白期間でも目まぐるしく変化し、状況についていけなくなることもあるでしょう。

その点、仕事をしながらであれば空白期間もないので、即戦力として転職することが可能です。

できるだけ空白期間を作らないために仕事をしながら転職を目指すのはアリです。

現職を続けるという選択肢も残せる

働きながら転職活動をする最大のメリットは、何と言っても転職しないで今の職場で働き続ける選択ができることです。

当初今の職場に不満を抱えていたものの、転職活動を重ねることで翻意することがあります。

自分自身が至らなかった、見通しが甘かった、実は今の職場は恵まれた環境だったなど、気づくことはたくさんあるでしょう。

辞めてしまうと、「なぜ辞めてしまったのか…」と後悔することになりますが、働きながらであればその後悔は防げます。

働きながら転職活動をするデメリット

働きながら転職活動をするデメリットも主に3つあります。

  • 情報収集や書類作成など準備に時間を割けない
  • 面接のスケジュールを立てづらい
  • 仕事との両立で多忙になりストレスや疲れが溜まる

働きながら就職活動を行うデメリットについてもご紹介します。

情報収集や書類作成など準備に時間を割けない

サラリーマンやOLは日々の仕事に忙殺されやすく、休日出勤を強いられることも多々あります。

その状況だとスキマ時間に情報収集を行い、書類を作成するということはしにくいでしょう。

事前準備にまとまった時間が取れないため、企業研究などがままならない状況も考えられます。

転職活動は念入りな準備が求められるだけに、「二刀流」はなかなか大変です。

面接のスケジュールを立てづらい

企業側が中途採用の面接を行う際には、土日よりも平日が多いため、スケジュール調整が難しいことがあります。

こうした事情を鑑みて、平日の遅めの時間、主に夜間に面接を行ってくれる企業もありますが、全ての企業がそうとは限りません。

有給休暇をこのために活用するのは嫌だという方もいるはずです。

働きながら転職活動をする人にとって避けては通れない問題であり、いかにスケジュール調整を行えるかがポイントになります。

仕事との両立で多忙になりストレスや疲れが溜まる

準備に時間をかけられない、スキマ時間もさほどないとなると、犠牲になってしまうのは休みの日です。

せっかくの休みの日で家族や友人、パートナーなどと遊びに出かけたいのに転職活動の準備で予定が潰れてしまうのはなかなかのストレスです。

仕事との両立、まして将来にかかわることなだけに、ストレスや疲れはあっという間に溜まります。

もちろん転職がうまくいけば、今までの苦労が報われるので、そのことを考えて転職活動を行っていくのが大切です。

辞めてから転職活動をするメリット

今の職場を辞めてから転職活動をするメリットも主に3つあります。

  • 転職活動に全ての時間を使える
  • やりたかったことや資格取得にチャレンジできる
  • 一度ゆっくり休むという選択もできる

ここからは今の職場を辞めてから転職活動をするメリットについて解説します。

転職活動に全ての時間を使える

働きながら転職活動をしていると、転職活動に費やせる時間に制限がありました。

しかし、辞めてから転職活動をすると極端な話、ほとんどの時間を転職活動に費やすことが可能です。

豊富な準備期間や時間があり、入念な対策などが行える分、万全の態勢で面接に挑めます。

転職活動に特化して集中したい方にとっては、これ以上ないメリットと言えるでしょう。

やりたかったことや資格取得にチャレンジできる

異業種への挑戦をしたい場合に、辞めてから転職活動をすることで資格取得などを行ってからチャレンジできます。

例えば、職業訓練などの制度を活用し、お金をもらいながら手に職をつけて新たな職場を探すことが可能です。

この方法は、働きながら転職活動をする際には到底できないやり方でしょう。

もちろん働きながらでも資格取得は可能ですが、より腰を据えて取り組みたい場合におすすめです。

一度ゆっくり休むという選択もできる

これまで今の職場で一生懸命働いてきた人にとって、とりあえず一旦休みたいというのは考え方としてアリです。

色々と考える余裕もなく、今後のことを真剣に考える際にまずはゆっくりと休む選択は間違いとは言えません。

失業保険を含め、様々な制度があり、一定の期間休んでも影響は少ないでしょう。

将来のことに余裕が生まれてから、じっくりと転職先を探した方が、納得のいく転職活動につながっていきます。

辞めてから転職活動をするデメリット

一方で、辞めてから転職活動をするデメリットもあり、こちらも大きく分けて3つご紹介します。

  • 面接で空白期間について聞かれる
  • モチベーションを保つのが難しい場合がある
  • 収入がない不安で焦って転職してしまう可能性がある

辞めてから転職活動をするデメリットについて詳しく解説します。

面接で空白期間について聞かれる

辞めてから一定期間経過してから転職活動を始めた場合、空白期間が生じてしまいます。

この空白期間は履歴書を見れば一目瞭然であり、なぜ空白期間があるのかと相手から高確率で問われるでしょう。

その時、明確な理由がなければ相手側は不安に感じ、即戦力ではないのではないかと疑問を持たれます

即戦力であるために空白期間も勉強を重ねていたなど、納得のいく理由が示せないと空白期間の存在が足を引っ張ることになるでしょう。

モチベーションを保つのが難しい場合がある

ずっと働き続けてきた人がいきなり辞めて一定期間何もしないでいると、脱力状態が続きがちです。

すると、「何のために働くのか」、「自分はどんな仕事がしたいのか」など疑問が生じ、そもそも転職を決意した理由は何かすらあやふやになります。

転職へのモチベーションが下がってしまい、適当な転職活動で適当に決めてしまう可能性もあるでしょう。

結局後悔が残る転職活動となり、後々も後悔し続けることになるため、モチベーションが下がる形になるのは避けなければなりません

収入がない不安で焦って転職してしまう可能性がある

辞めてから転職活動をする最大のデメリットは、収入がないと不安に駆られて転職を焦ることがある点です。

貯金がない、失業保険の給付まで時間がある、色々な支払いがあるなど金銭的な不安があると、視野がかなり狭くなります。

すると、どんな仕事でもいいので働きたいという気持ちになりやすく、何のために転職活動をするのかがわからなくなるのです。

金銭面を理由に焦りを感じやすい方は、働きながら転職活動をする方向性で検討することをおすすめします。

辞めてから転職活動するなら退職サポートサービスを利用しよう

人によっては貯金などをしない状態で退職し、転職活動をしようとしている方もいるのではないでしょうか。

しかし、自己都合退職だと失業保険を受け取れるのは2か月以上先となり、その間何かしらの資金で食いつなぐことが求められます。

その中で金銭的な不安が生じるのは仕方ないことであり、最初の段階でまとまったお金があるとかなり楽です。

そこでおすすめなのが退職サポートサービスを活用して社会保険給付金制度を利用することです。

退職サポーターズでは退職サポートサービスを展開し、手続きが煩わらしい社会保険給付金制度のサポートを行います。

まとまったお金を得ることで腰を据えて転職活動に挑めるのでおすすめです。

社会保険給付金制度とは?もらえる金額や条件、デメリットを徹底解説 社会保険給付金制度とは?もらえる金額や条件、デメリットを徹底解説

働きながら転職を成功させるポイント

働きながら転職を成功させるには以下の3つのポイントを大切にしていきましょう。

  • いつまでに転職するかスケジュールを明確にしておく
  • 有給を活用して面接を受ける
  • オンライン面接を利用する

働きながら転職活動をする際の3つのポイントについてご紹介します。

いつまでに転職するかスケジュールを明確にしておく

転職活動をスタートさせてゴールするまでにだいたい3か月ほどの時間がかかります。

その間ずっと仕事との両立を迫られるため、集中力を維持し続けるのは大変です。

そこでいつまでに転職をするかという期限を区切ることで、短期集中的に取り組むのがおすすめです。

そして、決まらなければ転職は一旦諦めるという形にしておくと、モチベーションが下がることなく最後まで取り組めます。

有給を活用して面接を受ける

平日に面接が行われることが多く、土日休みが多い企業だと、面接をなかなか受けられないということもあるでしょう。

その際には有給休暇を活用していくことがおすすめです。

有給休暇は半日ずつ使えるケースも増えているので、半休だけ使って面接を受けに行くのもいいでしょう。

また、平日の夜遅くに面接をセッティングしてもらえるケースもあり、できるだけ定時で退勤して面接に行ける形も模索していくことをおすすめします。

オンライン面接を利用する

コロナ禍もあって、オンライン面接を導入する企業も少なくありません。

オンライン面接を採用している企業を探し出し、オンライン面接で選考に参加するのもおすすめです。

オンライン面接では通信環境のいいところで、かつ静かな環境で受けると様々なトラブルを防げます。

オンライン面接を採用している企業の中で転職活動を行うのも1つの手です。

転職のやり方 転職のやり方を徹底解説!全体的なスケジュールとすること、注意点を紹介

働きながら転職活動をする際の注意点

働きながら転職活動をする際には、以下の3つの注意点に気を付けましょう。

  • 業務時間内は応募企業との連絡を避ける
  • 会社支給のスマホやパソコンで転職活動をしない
  • 繁忙期を避けるなど退職時期に配慮する

事前に注意しておきたい3つの点について解説します。

業務時間内は応募企業との連絡を避ける

転職活動を活発に行うこと自体は悪くないものの、その影響が仕事に出ることは好ましくありません。

特に業務時間の中で応募企業との連絡を行うのは避けましょう

万が一転職活動に関連した電話に出ていることが発覚すれば、今の職場での立場は相当悪くなります

できる限りメールで行えるものはメールにするなど、最大限の配慮をしましょう。

会社支給のスマホやパソコンで転職活動をしない

会社から支給、もしくは貸与されたスマホ・パソコンはあくまでも業務のためのものです。

そのスマホやパソコンを使って転職活動を行えば、トラブルになる可能性が極めて高いでしょう。

マナー違反であることは明白で、仮に転職を取りやめたとしても、白い目で見られることは明らかです。

仮に転職活動をするにしても、自分が保有するスマホやパソコンを利用するのがおすすめです。

繁忙期を避けるなど退職時期に配慮する

転職活動がうまくいった場合であっても、退職時期には最大限の配慮を示しましょう。

繁忙期に退職すると、今の職場に迷惑をかけるだけなので円満退職になりにくいです。

もちろん相手の企業への転職時期もあるため、うまく落としどころを見つけることが求められます。

まとめ

今回は、転職は働きながらできるかを中心にご紹介してきましたが、最後に今回の内容を振り返ります。

  • 働きながら転職活動をする人の方が多い
  • 働きながら転職活動をするメリットは経済的な部分が大きい
  • 辞めてから転職活動をするメリットは時間を目いっぱい使えることが大きい
  • 辞めてから転職活動をするのは金銭的な不安が出やすいので、社会保険給付金制度の活用がおすすめ
  • 働きながら転職を成功させるにはスケジュールを明確にするのがいい

働きながら転職活動をしていくには、メリハリをつけ、ダラダラやらないことが第一です。

いつか転職できればいいや!という感覚だと、なかなか決まらず、時間が過ぎるだけです。

将来的に転職をするために、「今は資格勉強に励む」、「営業で結果を出す」と計画的に仕事をしていくと、理想的な会社への転職が実現するかもしれません。