休職中の最適な過ごし方は?適応障害やうつを克服して回復したい人必見

病気やケガなどを理由に会社を休み、休職しているという方もいるのではないでしょうか。

様々な不安を抱える方、激務から解放されて安堵されている方など、色々な方がいるはずです。

休職中に有意義な過ごし方をすることでしっかりと回復し、社会復帰を目指すことができます

本記事では休職中の過ごし方に着目し、休職中の過ごし方のほか、そのポイントや注意点などを解説しています。

本題に入る前に…

退職サポーターズでは、退職者の方々に向けた様々なサービスを提供しています。

今なら実際に失業保険がいくら受給できるのか、LINEで無料診断ができます!

  • 信頼の実績(過去の相談件数は累計で5000件以上)
  • 難しい手続き不要(専門の社会保険労務士、キャリアコンサルタントがサポート)
  • 最短1ヶ月で受給可能!
  • 最大200万円の受給ケースあり!

失業保険全般の相談も受け付けています

【段階別】休職中の過ごし方

休職中の過ごし方は、休職してからの時期によって理想的な過ごし方が異なります。

  • 【休職初期】とにかく心身を休めよう
  • 【休職中期】軽い運動で生活リズムを整えよう
  • 【休職後期】外出や通勤の練習をしてみよう

ここからは初期・中期・後期に分けて理想的な過ごし方をご紹介していきます。

【休職初期】とにかく心身を休めよう

休職初期は、症状的にも治療に専念しなければならない時期であり、今までの激務の影響も残っています。

ですので、休職初期の段階ではまず休養に専念し、とにかく心身を休めることを心がけましょう。

責任感がある方だと休んでしまうことへの罪悪感なども生まれるでしょうが、とにもかくにもまずは休むことに専念です。

ずっと部屋で寝ているのもいいですが、今までできなかったことをこの機会にやってみることも大切なことです。

心の中にあるストレスなどもすべて吹き飛ばす勢いで、リフレッシュに専念することをおすすめします。

【休職中期】軽い運動で生活リズムを整えよう

休職中期では、一定の休養がとれたことで症状も落ち着きやすく、危機的な状況は脱したと言えます。

いわば底を打った状態なので、後のことを考えた行動をとるのが理想的です。

今までずっと寝ていた方は、軽い運動を取り入れて規則正しい生活リズムになるよう計画を立てることをおすすめします。

休職中はどうしても生活リズムが狂いやすくなるので、リズムを立て直すことが大切です。

そして体力づくりのためにも少しずつ運動を行っていくき、社会復帰を目指せるようにしていきましょう。

【休職後期】外出や通勤の練習をしてみよう

休職後期はいよいよ社会復帰に向けての最終段階に入る局面です。

復職を想定した形でスケジューリングをすることをおすすめします。

仕事があることを想定して起床時間や就寝時間を決め、外出して通勤の練習をしてみるのがいいでしょう。

就業時間は何かしらの作業を行うようにするとリズムがつかみやすいです。

これを平日の5日間ずっと維持できれば、復職も視野に入ります。

一方、「復職しても維持できるか微妙…」となれば転職も視野に入れて行動することができます。

休職中の過ごし方のポイント

ここからは休職中の過ごし方に関するポイントについて、3点ご紹介します。

  • 体調の改善を最優先する
  • うつや適応障害からの回復プロセスを把握する
  • 自分なりのリラックス方法を探して実践する

過ごし方を考える上で守っておきたいポイントをまとめました。

体調の改善を最優先する

休職中において大前提となるのが、体調を改善させることです。

休職を許してくれた企業は、復職を想定して許しており、企業に報いるにはいち早く体調を改善させて職場復帰を果たすことと言えます。

一方、復職以外の選択肢を想定する場合も、体調が戻らないことには新しい決断ができないのも事実です。

いずれの場合においても体調の回復を最優先に考えることがとても大事と言えるでしょう。

うつや適応障害からの回復プロセスを把握する

休職の理由がうつ病や適応障害など精神疾患の場合には、どのようなプロセスで回復するのか、流れを把握することをおすすめします。

例えばうつ病の場合、急性期・回復期・再発予防期と存在し、特に回復期は一進一退を繰り返しながら前に進むので、この時期に焦りを覚えやすくなります。

焦りを覚える中で症状が悪化すればよからぬことを考えやすいため、実は回復期ほど慎重にならなければなりません。

これらの回復プロセスを把握していれば、まだ焦るタイミングではないことを理解できます。

その上で休職期間を過ごせるようになると、職場復帰・社会復帰がスムーズに行えるでしょう。

自分なりのリラックス方法を探して実践する

精神疾患などの場合はストレスが原因になりやすく、強いストレスが症状を悪化させるケースが目立ちます。

そのため、自分だけのリラックス法を見つけて実践していくことをおすすめします。

リラックス方法が見つけられれば、ストレスを受け流すことができ、悪化を防ぐことが可能です。

様々なリラックス方法を試してみて、自分に合うものを見つけましょう。

休職中の過ごし方の注意点

休職中の過ごし方に関して、気を付けておきたいことが主に3つあります。

  • 休むことに罪悪感は不要
  • 服薬や通院を自己判断でやめない
  • 焦りは禁物!体調の回復には時間がかかると理解する

ここからは休職中に気を付けたい3つの注意点について解説していきます。

休むことに罪悪感は不要

先ほども解説したように、責任感が強い人ほど、休むことに罪悪感を感じ、せっかくの休みなのに自分自身を責め続けることがあります。

この状態だと回復スピードが落ちるだけでなく、症状の悪化を招きかねないため、自分自身をより傷つけるのと同じ意味になりがちです。

休まなければ自分が壊れてしまう以上、休むことは当然であり、罪悪感を感じることは何1つありません。

むしろ1日でも早く戻るためにもちゃんと休むことが大事であると気持ちを切り替えるぐらいがちょうどいいでしょう。

服薬や通院を自己判断でやめない

症状が改善すると、今まで行ってきた服薬や通院を自分の判断でやめてしまう人がいます。

特に今まで健康だった人ほど、薬を飲むのをやめたいと思いやすく、自己判断でやめがちです。

しかし、医師ではない人間が自己判断をするのは大変危険であり、完全な治癒につながらない恐れが高くなります。

減薬や薬がなくなるなどの判断はあくまでも医師が行い、できる限りそれに従うのが確実です。

焦りは禁物!体調の回復には時間がかかると理解する

うつ病などの精神疾患では回復期が一番気を付けなければならないとご紹介しました。

回復期に突入するのはおおよそ発症から4~6か月とされ、そこそこの時間がかかります。

既に数か月かかっており、焦ってしまうのはやむを得ないと言えますが、焦りは禁物です。

うつ病のように再発する可能性がある疾病は場合によっては2年ほど薬物治療を要することがあります。

それくらいに時間がかかるものだからこそ、焦らずに少しずつ回復を目指していくことが求められます。

休職中に退職するという選択肢もある

長く休職をしている中で、最初はすぐにでも復職したいという思いを持つ方が多いでしょう。

しかし、自問自答を繰り返す中で、復職よりも別の選択肢を選んだほうがいいのではないかと感じる人もいるはずです。

その1つが退職という選択肢です。

適応障害で仕事を辞めるのは普通?会社への伝え方・退職の流れを解説 適応障害で仕事を辞めるのは普通?会社への伝え方・退職の流れを解説

お金の不安があるなら退職サポートサービスを利用しよう

退職することでより治療に専念することができますが、お金の不安を抱える方もいるのではないでしょうか。

そこで活用したいのが社会保険給付金制度です。

社会保険給付金制度は1年以上社会保険に加入している人であればだれでも受け取れる給付金です。

退職サポーターズでは退職サポートサービスを用意しており、社会保険給付金制度を利用したい方のサポートを行います。

本来社会保険給付金制度は本人が手続きをしなくてはならず、その手続きは結構煩雑で、間違いもありがちです。

それらの手続きを退職サポートサービスを利用すれば色々なアシストをしてくれるので、スムーズに社会保険給付金を手にできます。

まとまったお金を手にして安心して治療に専念したい方におすすめです。

社会保険給付金制度とは?もらえる金額や条件、デメリットを徹底解説 社会保険給付金制度とは?もらえる金額や条件、デメリットを徹底解説

まとめ

今回は休職中の過ごし方についてご紹介してきましたが、最後に今回ご紹介した内容を振り返ります。

  • 休職初期はとにかく心身を休めることを心掛ける
  • 中期以降は生活リズムを整えつつ、外出や通勤の練習などをしてみる
  • 休職中は体調の改善を最優先する
  • 休職中は、休むことに対する罪悪感はいらない
  • 退職を検討するのも1つの手で、その際には退職サポートサービスを活用して社会保険給付金を得るのがおすすめ

休職して間もない時は、体調的に厳しくとにかく寝て過ごすという人もいるでしょう。

また、今までできないことをとことんやってやろうと思う方もいるはずです。

いずれにしてもこれ以上の症状悪化を防ぐために休職する以上、ストレスにならない過ごし方が求められます。

その上で治療に専念し、1日でも早く復職できるのが理想的です。

また退職に心が傾いた方は、社会保険給付金制度を活用してお金の不安をなくす形で治療に専念するのも1つの方法としておすすめです。