ストレスで仕事を辞めたい!ストレスの原因や症状、解決策を徹底解説!

ストレスで仕事を辞めたい!ストレスの原因や症状、解決策を徹底解説!

仕事のストレスが大きすぎて、会社を辞めたい…

仕事で大きなストレスがあると、どんな症状がでるの?

ストレスを理由に仕事を辞めないほうがいい状況や、対処法について知りたい!

と思っていたり悩んでいたりしませんか?

日々の仕事で強いストレスを感じている方の中には、辞めたいと感じているケースもあるでしょう。

結論、ストレスで仕事を辞める前には対処法や対策などを実践したうえで、慎重に判断することが望ましいです。

結婚や介護、業務内容などが主な原因の場合、退職しないほうがよい可能性もあります。

今回は、ストレスで仕事を辞めたくなる原因と解決策や具体的な症状、スムーズに退職する方法などを解説します。

最後まで読めば、ストレスが原因で退職する前にやるべきことがわかり、退職すべきか判断しやすくなるでしょう。

こちらの記事の内容は動画でも解説しています!
本題に入る前に…

退職サポーターズでは、退職者の方々に向けた様々なサービスを提供しています。

今なら実際に失業保険がいくら受給できるのか、LINEで無料診断ができます!

  • 信頼の実績(過去の相談件数は累計で5000件以上)
  • 難しい手続き不要(専門の社会保険労務士、キャリアコンサルタントがサポート)
  • 最短1ヶ月で受給可能!
  • 最大200万円の受給ケースあり!

失業保険全般の相談も受け付けています

目次 表示

仕事を辞めたいくらいストレスを感じる原因

仕事を辞めたいくらい、ストレスを強く感じる原因は主に5つです。

  • 仕事のプレッシャーやノルマがつらい
  • 人間関係が悪い
  • 休日が少ない・残業が多い
  • 仕事量と給料が割に合っていない
  • 仕事内容が自分の適正に合っていない

ストレスを感じやすい原因について解説していきます。

仕事のプレッシャーやノルマがつらい

1つ目は仕事のプレッシャーやノルマがつらい点です。

営業の仕事を始めノルマがある仕事だと常にノルマとの戦いを強いられ、安心できるタイミングが乏しいです。

成長著しい後輩に抜かれないようにしないといけないなど、何かと仕事に関してプレッシャーを感じる場面も少なくありません。

ノルマに追われたくないなど、今の仕事から逃げたくなるくらい、ストレスを感じてもおかしくないと言えます。

人間関係が悪い

2つ目は人間関係が悪い点です。

人間関係がストレスに影響を与えることが多く、人間関係が悪ければストレスを感じやすくなります。

人間関係が悪いと、どちらかが辞めない限りはその状況は続くため、我慢をしてしまうとストレスの影響が強くなっていきます。

ストレスを原因とする症状に苦しめられる場合、人間関係を理由に退職を検討するのは自然と言えるでしょう。

休日が少ない・残業が多い

3つ目は休日が少ない・残業が多い点です。

休日が一定数あり、常識的な残業時間であればワークライフバランスが保たれ、適度なストレスを感じながら働くことができます。

しかし、休日が少なかったり、過度に残業があったりすると、疲労の回復も限られ、精神的な疲れもたまりやすくなるでしょう。

また休日などが満足にないと前向きに考えることも難しくなるため、ストレスをより感じやすくなってしまいます。

仕事量と給料が割に合っていない

4つ目は、仕事量と給料が割に合っていない点です。

がっつりと仕事をした場合、厳しいノルマを何とかクリアした場合、それに見合う対価、給料があればまだ精神的なバランスを保てるでしょう。

しかし、どれだけ働いても給料が増えない、必死にノルマをこなしても何かしらの理由をつけられてインセンティブも大して出ないとなると相当なストレスがかかってしまいます。

仕事量と給料のバランスがおかしいと、仕事を辞めたいと思うようになるのは当然と言えます。

仕事内容が自分の適性に合っていない

5つ目は仕事内容が自分の適性に合っていない点です。

現在仕事をしている人の中には自分のやりたいことができている人もいるでしょうが、一方で自分の適性には合っていないと感じている方もいます。

やりたいことができていない、苦手なことをやらされているという場合に強いストレスを感じやすくなることが考えられます。

自分のやりたい仕事を目指すという理由で今の仕事を辞めたいと考える人も少なくありません。

仕事を辞めたいくらいストレスを感じやすい人の特徴

仕事を辞めたいくらいストレスを感じる人の中には、他人よりもストレスを感じやすい人がおり、主に4つの特徴が見られます。

  • 気を使いすぎる人
  • 負けず嫌いすぎる人
  • 真面目で責任感が強すぎる人
  • 人の目が気になる人

仕事を辞めたいくらいストレスを感じやすい人の特徴についてご紹介していきます。

気を使いすぎる人

1つ目の特徴は気を使いすぎる人です。

周囲への気配りなど配慮が行き届いている人が職場にいると、コミュニケーションなどが円滑になり、職場環境としては素晴らしいものになります。

しかし、1人だけが一生懸命気を使いすぎるような状況になると、その1人に負担が集中してしまい、結構な気疲れを起こしてしまうのです。

周囲の人たちはこうした状況に無頓着、もしくは配慮に欠けるため、感謝の気持ちもなかなか言ってもらえないため、ストレスを感じやすくなってしまいます。

負けず嫌いすぎる人

2つ目は負けず嫌いが過ぎる人です。

負けず嫌いという性格はライバルに勝ちたい、ノルマを達成したい気持ちを強力にアシストするため、決してマイナスな性格ではなくむしろプラスです。

しかし、何事も過ぎるのは毒であるように、負けず嫌いが過ぎると絶対に負けられない、何が何でもクリアしないといけない気持ちが強く出過ぎて、その反動でストレスを感じるようになります。

負けず嫌いであることは素晴らしいですが、過度な負けず嫌いには注意が必要です。

真面目で責任感が強すぎる人

3つ目は、真面目で責任感が強すぎる人です。

真面目で責任感が強いことも仕事をしていく上では必要なことですが、責任感が強すぎると融通がきかなくなり、周囲と衝突する機会が増えます。

自分が何とかしなければ!という意識も強くなるため、結果的に空回りを起こしやすく、周囲から白い目で見られることも

常に緊張の糸を張っていれば、いずれその糸が切れてしまい、立て直すのに時間がかかっても不思議ではありません。

人の目が気になる人

4つ目は、人の目が気になる人です。

職場で電話に出る時など、自分の一挙手一投足がみられているのではないかと不安に感じる人が少なくありません。

自分はどのように見られているのかと不安になると、いつも以上にストレスを感じやすくなり、仕事にも支障が出始めます。

実際はそこまで他人の動きをチェックする人はいないですが、どうしても人の目が気になる人はストレスを感じやすいと言えるでしょう。

仕事を辞めたいレベルのストレスで起こる症状

仕事を辞めたいと感じるまでのストレスはなかなかの状況なので、そのストレスによって生じるストレスが主に6つあります。

  • 朝起きれない・夜眠れないなどの不眠症状
  • 吐き気・めまい
  • 急激な体重の増減
  • 慢性的な疲れを感じる
  • お酒を飲む量の増加
  • うつ病・自律神経失調症の症状がある

仕事を辞めたいと感じるくらいにストレスを受けることで生じる症状についてご紹介します。

朝起きれない・夜眠れないなどの不眠症状

1つ目の症状は、不眠に関する症状です。

なかなかすぐには寝付けない、目覚まし時計が鳴ってもすぐには起きれないなど、不眠に関連した症状を持つ人は少なくありません。

過度なストレスは、身体が常に戦闘状態になるような状態を作り出すため、休息状態の象徴とも言える睡眠とは対極の状態になりがちです。

そのため、仕事を辞めたいくらいにストレスを感じているとなかなか寝付けなくなる人が出てきます。

吐き気・めまい

2つ目の症状はめまいや吐き気です。

ストレスが強まると自律神経のバランスを崩しがちになり、結果としてめまいや吐き気などの症状を引き起こします。

心因性のめまいと表現されることもあり、回転しているような感覚を経験するほか、自律神経の乱れによって生じる症状も経験することになるでしょう。

吐き気も同様で、仕事が大変な時にめまいや吐き気を感じたら病院で診てもらうことをおすすめします。

急激な体重の増減

3つ目は急激な体重の増減です。

食事制限などのダイエットに取り組んでいるわけではないのに急激な体重の増減がある場合は注意が必要です。

ストレスが強まると食欲が落ちやすいほか、内臓にも負担がかかるためにさらに食欲が落ちて食事量が減り、体重減少につながることがあります。

一方で、ストレスホルモンと言われている「コルチゾール」が増えることで食欲が増しやすくなり、食事量の増加につながるなど、仕事を辞めたいほどのストレスがかかるとどちらかの影響が出ると言えそうです。

慢性的な疲れを感じる

4つ目は慢性的な疲れを感じることです。

ストレスがかかり始め、睡眠なども満足のいくものではなくなると回復力が落ち、常に疲れを感じるような状態になります。

休日も少なく残業が多い状況はストレスをより感じやすく、回復しにくい環境にあるため、疲れをより感じやすくなるでしょう。

お酒を飲む量の増加

5つ目は、お酒を飲む量が増えることです。

ストレスがかかり過ぎると、常に嫌なこと、ネガティブなことを考え続けるため、嫌なことを忘れようとお酒を飲むようになります。

嫌なことは全部忘れようとどんどん飲むようになっていき、最終的には飲酒による影響で健康を害するような事態になることも。

最初はストレス発散のために行っていたことが、結果的に健康に悪影響を与えることになるでしょう。

うつ病・自律神経失調症の症状がある

6つ目はうつ病や自律神経失調症の症状がある場合です。

強いストレスがかかることで自律神経のバランスを崩し、自律神経失調症になることがあります。

また強いストレスが原因で発生するうつ病など、精神的な病気につながるケースも珍しくありません。

これらの症状が出たら一刻も早く治療を始める必要があります。

仕事を辞めたいくらいのストレスを解消する方法

仕事を辞めたいくらいの強いストレスを感じたらどのように解消していくべきか、その解決策が4つあります。

  • 軽い運動・ストレッチをする
  • 自然と触れ合う
  • ゆっくりお風呂に浸かる
  • 有給を取って体を休める

4つの解決策について詳しくご紹介していきます。

軽い運動・ストレッチをする

1つ目は、軽い運動やストレッチを行うことです。

運動やストレッチを行うことでストレスに対する脳の反応が弱くなり、不安感が減ることが明らかになっています。

身体を動かすことで不安な気持ちを払しょくでき、気分の入れ替えにもつながることから、積極的に運動を取り入れていくことをおすすめします。

自然と触れ合う

2つ目は自然と触れ合うことです。

自然と触れ合うことでストレス改善につながりやすく、メンタル面で良い影響を与えやすくなります。

公園を散歩する、山や海などに足を運んでみるなどのことをすることで、ストレスが軽減されやすくなります。

ゆっくりお風呂に浸かる

3つ目はゆっくりとお風呂に浸かることです。

お風呂に入ることで副交感神経が働きやすくなり、ストレスによって活発になっている交感神経を抑えることができ、ストレスの発散につながります。

できれば多少ぬるめの温度で半身浴を行うのがベストであり、30分程度浸かり続けるのがおすすめです。

一方で熱いお湯だと交感神経をより強めるため、思ったような効果が得られない可能性があるので注意が必要です。

有給を取って体を休める

4つ目は有給休暇をとって体を休めていくことです。

ストレスを軽減させるには、なんといっても休養が必要であり、じっくりと休むことが大切です。

有給休暇をしっかりと活用して休みを得ることで、回復させていくことができます。

仕事を辞めたいくらいストレスを感じる時の解決策

ストレス解消法などで仕事を辞めたいくらいのストレスを緩和させていくことはできても、やはりストレスの根源を除いていくことが何よりの解決策です。

仕事を辞めたいくらいのストレスを軽減させていく解決策が主に5つあります。

  • 残業・休日出勤が多い場合は労務に関する窓口へ相談する
  • 仕事内容や人間関係が原因なら異動届けを出す
  • うつ病の症状があるなら心療内科を受診する
  • 有給や休職でまとまった休みを取る
  • それでもつらい場合は退職する

残業・休日出勤が多い場合は労務に関する窓口へ相談する

1つ目の解決策は残業や休日出勤が多い場合は労務に関する窓口へ相談を行うことです。

厚生労働省には「総合労働相談コーナー」があり、労働条件に関する悩みやセクハラ・パワハラの相談などを行う窓口があります。

また各自治体でも相談窓口があるため、残業や休日出勤などが多い場合はこれらの相談窓口の活用がおすすめです。

仕事内容や人間関係が原因なら異動届けを出す

2つ目は、強いストレスの原因が仕事内容や人間関係の場合は異動届を出すことです。

会社の上司がストレスの根源の場合、上司が異動する可能性は少ないため、自らが異動届を出すことで現状の改善につなげやすくなります。

この時、強いストレスを理由に異動届を出すよりも、前向きな理由を語って異動届を出した方が波を立てることなく異動しやすくなるでしょう。

うつ病の症状があるなら心療内科を受診する

3つ目は、うつ病の症状がある場合に心療内科を受診することです。

うつ病になると回復するのに時間がかかりやすく、症状が悪化すれば社会復帰にも時間を要することになるでしょう。

初期段階であれば回復にも時間がかからず、復帰後の影響も少なくなります。

心療内科をいち早く受診し、投薬期間が短くなるように済むのが理想的と言えるでしょう。

有給や休職でまとまった休みを取る

4つ目は有給休暇や休職制度を活用してまとまった休みを取ることです。

先ほどもご紹介した通り、ストレスなどで体調を崩した場合、必要となるのは休養です。

有給休暇を活用することも大事ですが、うつ病などの症状がある場合には休職も1つの選択肢になるでしょう。

傷病手当金など休職時のセーフティーネットもあるため、思い切った決断も必要です。

それでもつらい場合は退職する

これら4つの対策を講じてもきつい場合には、最終的には退職の道を選ぶことをおすすめします。

異動届を出せる状況になかったり、相談を行ってもすぐに改善されなかったりした場合、これ以上居続けてもマイナスなことが起こり続ける可能性は高いでしょう。

そもそも仕事を辞めたいくらいのストレスがかかっているわけですから、今の仕事を辞める決断をしても全くおかしくありません。

ストレスがあるけど仕事を辞めない方がいい場合

仕事を辞めたいくらいのストレスがかかっていたとしても、仕事を辞めない方がいい場合もあります。

  • 結婚・出産をきっかけに辞めたい場合
  • 介護を理由に辞めたい場合
  • 業務内容が原因で辞めたい場合

どのようなケースで仕事を辞めない方がいいのか、そのケースをご紹介します。

結婚・出産をきっかけに辞めたい場合

1つ目のケースは、結婚・出産をきっかけに辞めたい場合です。

妊娠や出産など体に負担がかかりやすくなるため、仕事を辞めたい気持ちになるのは自然と言えます。

しかし、産休や育休などで休みつつ手当を受け取れるほか、まとまった休みを取ると社会復帰にも時間がかかるため、できれば手当を受け取れるうちは辞めないでいるのがおすすめです。

社会復帰の際に会社のバックアップが足りないなど、子育てへの無理解・無配慮が見られたら辞める判断をしても決して遅くはありません。

介護を理由に辞めたい場合

2つ目のケースは、介護を理由に仕事を辞めたいと思う場合です。

両親や兄弟姉妹など介護を余儀なくされると、仕事との両立が難しくなるため、仕事を辞めたい気持ちになるのは仕方ないことです。

一方で企業の多くは介護休業や介護休暇、時短勤務などに力を入れており、できるだけ介護と仕事を両立できるように制度設計が行われています。

会社がどのような規則を設けているのか、また今後介護に関する就業規則が追加されるのかを事前に会社側と話し合うことも必要でしょう。

業務内容が原因で辞めたい場合

3つ目のケースは、業務内容を理由に仕事を辞めたい場合です。

営業が向いていない、夜勤のある仕事ができない、内勤の仕事がしたいなど、業務内容への不満を持つ人は少なくありません。

業務内容が合わないから辞めるという判断は、異動届の提出や上司への相談などを色々な手を尽くしてからでも十分間に合います。

誰にも相談せずに辞めるのは、会社にとってもご本人にとってもいい結果を生まないことが多いため、できる限り相談は行っていきましょう

ストレスで仕事を辞めたい時にスムーズに退職するポイント

ストレスで仕事を辞めたい場合に、スムーズに退職するためのポイントが4つあります。

  • 就業規則を確認して退職意思を伝えるタイミングを考える
  • 退職理由を考えておく
  • 引き継ぎの準備をしておく
  • 退職後に必要なお金の計画を準備しておく

仕事を辞めたい場合に取るべき行動についてご紹介します。

就業規則を確認して退職意思を伝えるタイミングを考える

1つ目は就業規則を確認した上で退職の意思を伝えるタイミングを考えることです。

法律上は退職したい日の2週間前に退職の意思を伝えれば問題ないですが、現実的には就業規則で定められたタイミングで伝えるのが円満に話が進みやすくなります。

また繁忙期と退職のタイミングが被ると退職届を受け取ってもらえず、翻意を求められることもあるでしょう。

閑散期があれば閑散期に退職をするような形でタイミングを計ることがおすすめです。

退職理由を考えておく

2つ目は、退職理由を考えておくことです。

退職したいと部下から言われて、何も理由を聞かずに二つ返事で認める上司はほとんどいません。

必ず退職理由を聞かれるので、納得してもらえる理由で伝えれば、強い慰留をされることなく、スムーズに事が運ぶでしょう。

引き継ぎの準備をしておく

3つ目は引き継ぎの準備をしておくことです。

引き継ぎの準備をしておけば、スムーズに辞めやすくなり、周囲の迷惑にもなりにくくなります。

引き継ぎがうまくいかないと混乱につながり、仕事を辞めたのに連絡が入ってくる事態を招きかねないため、引き継ぎ作業は入念に行いましょう。

退職後に必要なお金の計画を準備しておく

4つ目は、退職後に必要なお金の計画を準備しておくことです。

失業保険を活用するとしても一定期間は給付制限があるほか、失業保険で得られる手当はあくまでも最低限の生活ができるようなレベルなので、退職前の生活を保つには一定の貯金が必要です。

前もって退職後に必要なお金の計画を立てておくことで、給付制限期間も不安を感じることなく備えることができます。

ストレスですぐに仕事を辞めたいけどお金の心配がある場合どうすればいい?

ストレスで仕事を辞めたい、だけどお金の心配が拭えないと不安に感じる人は多いでしょう。

この場合に効果的な選択肢が1つありますのでご紹介します。

退職支援サービスを利用して給付金を最大限受け取ろう

退職支援サービスは、仕事を辞めたい場合にスムーズに辞められるようアシストしてくれるサービスです。

退職に関する作業全般を引き受けてくれるほか、社会保険給付金制度の活用など世間一般では知られていない制度の活用を行い、その手続きなどを代行してくれます。

退職サポーターズでは退職代行サービスを手掛けるほか、社会労務士やキャリアコンサルタントなどが社会保険給付金申請のバックアップを行います。

退職後のお金に不安を抱える方、すぐに退職したい方は退職サポーターズの活用がおすすめです。

社会保険給付金制度とは?もらえる金額や条件、デメリットを徹底解説 社会保険給付金制度とは?もらえる金額や条件、デメリットを徹底解説

まとめ

今回はストレスで仕事を辞めたい人向けの情報を中心にご紹介してきました。

最後に今回ご紹介した内容を振り返ります。

  • 仕事を辞めたいくらいストレスを感じやすい人は、気の使いすぎや負けず嫌いすぎなど人よりも頑張りすぎる
  • 仕事を辞めたいレベルのストレスを受けると、全身に症状が出始める
  • 仕事を辞めたいレベルのストレスは身体を動かしたり自然と触れ合ったりするのが大事
  • 仕事を辞めたいくらいストレスを感じたら様々な策を講じ、それでもダメなら退職の選択肢を
  • 手当や制度を活用できる場合は積極的に活用していく
  • スムーズな退職には退職を切り出すタイミングや引き継ぎ作業が重要
  • 退職後のお金に不安がある場合は退職支援サービスを活用し、給付金を最大限受け取っていく

仕事を辞めたいくらいストレスがかかっている場合は、なるべく退職に至らない方法を目指し、それでもダメなら退職を目指していくのがおすすめです。

再び仕事を探すのもストレスがかかるため、今の職場でストレスが最大限かからなくなるのが理想的と言えます。

しかし、ストレスがかからないように配慮してくれるケースはかなり限られており、現実的には退職の道を選ぶ人も多いです。

退職サポーターズを始めとする退職支援サービスの活用でスムーズな退職や給付金を最大限受け取るといったことができるため、その検討を行ってみてはいかがでしょうか。