失業保険を受給中に日雇バイトしたらバレる?バレるケースとリスクを解説

会社を辞めると、一定期間が過ぎれば失業保険が受給されます。

しかし失業保険は最低限の生活ができる程度しかもらえないため、ローンの支払いのために日雇いバイトなどをしたい方もいるはずです。

結論から言いますと、日雇いバイトをすることで不正受給になるため注意が必要です。

本記事では失業保険中に日雇いバイトをしたらバレるのかを中心に不正受給のペナルティなどをご紹介します。

本題に入る前に…

退職サポーターズでは、退職者の方々に向けた様々なサービスを提供しています。

今なら実際に失業保険がいくら受給できるのか、LINEで無料診断ができます!

  • 信頼の実績(過去の相談件数は累計で5000件以上)
  • 難しい手続き不要(専門の社会保険労務士、キャリアコンサルタントがサポート)
  • 最短1ヶ月で受給可能!
  • 最大200万円の受給ケースあり!

失業保険全般の相談も受け付けています

失業保険を受給中に日雇バイトしたらバレる?

失業保険を受給中に日雇いバイトをしてもバレないのではないかと思う方もいるかもしれません。

バレない可能性もありますが、明らかな不正受給なので注意が必要です。

バレないかもしれないが不正受給になるので推奨できない

近年日雇いバイトの種類が増え、タイミーのようにスマホを通じてその日限りの仕事ができるケースも増えてきました。

そのため、バレない可能性も当然ありますが、絶対にバレないとは限りません。

もっと言えば、バレる可能性は十分にあると言えるでしょう。

仮にバレれば不正受給であることは明らかであり、後述するペナルティの対象となります。

ですので、日雇いバイトを推奨することはできません。

失業保険を不正受給するとペナルティが重すぎるので注意

失業保険を不正受給する場合のペナルティは以下の通りです。

  • 不正行為があった日から給付が受けられない(支給停止)
  • 不正受給の金額を全額返還しなければならない(返還命令)
  • 不正行為でもらった金額の2倍の納付が命じられる(納付命令)
  • 返還や納付をしない場合は財産差し押さえ処分などがある場合も
  • 悪質な場合は刑事事件として告発される可能性がある

バレないだろうと出来心で日雇いバイトをした場合、その間受け取った失業保険を返さざるを得なくなります。

しかも、ペナルティとして受け取った失業保険の2倍プラス延滞料までかかることも。

加えて失業保険を受け取る権利もはく奪され、場合によっては詐欺罪で告発される可能性があります。

バレないだろうと思っていても、実際はバレる可能性はあり、バレた時のペナルティはあまりにも大きすぎると言えるでしょう。

失業保険の不正受給はバレる!発覚するケースやペナルティと対処法を解説

失業保険を受給中の日雇バイトがバレるケース

失業保険を受給中に日雇いバイトを行った際にバレるケースは以下の通りです。

  • バイト先に渡す領収書でバレる
  • バイト先の人間による通報・密告によってバレる
  • 派遣での日雇バイトはほぼ100%バレる

ここからは日雇いバイトがバレるケースを解説します。

バイト先に渡す領収書でバレる

日雇い・日払いのバイトを行う際にバイト代を受け取った証拠として領収証をもらうケースがあります。

バイト先にとっては領収書を渡すことで人件費として計上できるので絶対に必要なものです。

この領収証にはバイト代を受領した日付を始め、証拠となるものがたくさん書かれています。

もしもハローワークが調査を行った場合、領収証の存在が発覚すれば不正受給の証拠となってしまうのです。

バイト先の人間による通報・密告によってバレる

例えば、一緒に働いている人に自らが失業中であることをバラし、失業保険だけでは生活できないのでバイトをしていると話したとします。

すると、一緒に働いている人物が「不正受給をしている」とハローワークに通報・密告する可能性は十分に考えられます。

不正受給に厳しい視線を向ける市民は多く、正義感から通報・密告する人は当然いるでしょう。

またバイト先の社員などが密告する可能性も否定できず、注意が必要です。

派遣での日雇バイトはほぼ100%バレる

日雇いバイトと言えば派遣会社が行うものも多く存在します。

この場合、派遣での日雇いバイトはほぼ100%バレてしまうので注意が必要です。

派遣会社はだれを派遣したかを始め、派遣した日付や給与などをデータで保存しています。

派遣会社に登録する際にはマイナンバーも必要となるため、確実にバレるでしょう。

企業を通じて働く場合にはほぼほぼバレると思った方が無難です。

失業保険を受給中に働く方法

どうしても失業保険を受給中に働く場合には主に2つの方法があります。

  • ルールを守って働き、ハローワークに申告する
  • 労働による収入に該当しない方法で収益を得る

ここからは2つの方法について解説します。

ルールを守って働き、ハローワークに申告する

失業保険の受給中は絶対に働いてはいけないわけではありません。

ルールを守って働き、ハローワークに申告すれば不正受給とはならないからです。

例えば、1日4時間以上アルバイトを行えばその日は失業保険が給付されないものの、給付日数は減りません。

実際にバイトをしたい場合、ハローワークの職員に相談すれば、どの程度働けるのかの確認も行えます。

どうしても働きたい場合には必ずハローワークで相談をしましょう。

失業保険受給中にアルバイトはできる?条件や注意点、メリットを徹底解説! 失業保険受給中にアルバイトはできる?条件や注意点、メリットを徹底解説!

労働による収入に該当しない方法で収益を得る

労働によって収入を得ることで不正受給となりますが、労働ではない形であれば不正受給とはなりません

いわゆる「不労所得」が該当し、株式やFXなどの収入やアパートマンションの賃料などは不正受給の対象外です。

ただし、不労所得でも開業届を出すなど事業で行っている場合は失業状態ではないと判断されてしまいます。

あくまでも副業程度、お小遣い程度にとどめることが求められるのです。

まとめ

今回は失業保険受給中に日雇いバイトをしたらバレるのかを中心に解説してきましたが、最後に今回ご紹介した内容を振り返ります。

  • 失業保険受給中に日雇いバイトをしたらバレない可能性もあるが、不正受給となるので推奨できない
  • 不正受給がバレるとペナルティが重すぎるので注意
  • 日雇いバイトは領収書などの物証でバレる
  • バイト先の人間による通報・密告でもバレてしまう
  • 失業保険受給中に働く場合はハローワークでの相談を事前に行う

失業保険受給中に日雇いバイトをすることはバレる可能性が高く、バレた際の代償はあまりにも重いです。

そのため、早めに再就職先を見つけて再就職手当をもらうために努力した方がいい場合もあります。

また失業する前に不労所得を得る方法を模索しておくと、万が一失業した際に役に立つこともあるでしょう。

いずれにしても不正受給は絶対に避け、ルールを守って失業保険を受け取ることを強くおすすめします。